News Letter from Brisbane

報告

コロナ禍でも前を向いている生徒に、ちょっと早いクリスマスプレゼント!!  2021年11月29日

教職員から生徒に感謝を込めて!後期中間考査最終日にサプライズ・・・先生、頑張りました!

11月22日(月)〜26日(金)に年内最後の定期考査(後期中間考査)が実施されました。いよいよ、3年生の受験生にとっては追込みの時期になります。この令和3年は、眼に見えない新型コロナウイルスとの戦いでした。予断を許さない状況ですが、皆さんは、常に前を向いて、勉強や部活動に全力で取り組んでくれました。昨年から多くの行事が中止となる中で、生徒の皆さんにたくさんの「笑顔」や「元気」をもらいました。そこで、古田健二校長先生をはじめとする「チーム大垣日大 教職員グループ」は立ち上がりました。教職員の気持ちは「生徒のために何かしてあげたい」の一心でした。各コース(総合進学・特別進学・アカデミー)の先生方が、それぞれのコースの特性を生かして、生徒のためにクリスマスツリーを作成しました。考査最終日の午後に先生方でクリスマスツリーを設置しました。上手に飾れているか分かりませんが、教職員一同で「生徒のために何かしてあげたい」の思いが込められています。
これから寒い冬になりますが、伊吹颪を励みと受けて「笑顔、元気、母校愛 そして ありがとう」を合言葉で頑張っていきましょう。そして、今後も生徒・教職員の強い『絆』で、誇りある大垣日大高校を創り上げていきましょう!

生徒たちの「ほっとする空間」になればと

「笑顔、元気、母校愛 そして、ありがとう」