News Letter from Brisbane

報告

2学年が修学旅行に行ってきました。  平成30年1月15日

2学年356名が12月5日(火)〜8日(金)の3泊4日で、山口、長崎、福岡の各所を訪れました。1日目は新幹線が架線事故の影響により、広島付近で1時間ほど緊急停止となるトラブルがあり、急遽、見学先の松陰神社は取り止めになりましたが、日本大学学祖である山田顕義先生の生誕地(顕義園)を訪れることができました。
2日目は長崎港から高速船(ジェットフォイル)に乗り、五島列島へ渡りました。島では4〜5人のグループに分かれ民泊体験をしました。雄大な自然に恵まれ、自然散策や家業体験、海釣り体験等、自然を満喫し、現地の方と交流を深めました。
3日目は民泊先の方々と再会を誓いお別れをした後、ハウステンボスを訪れました。宿泊先に移動するため、ハウステンボスの魅力であるイルミネーションをじっくり観賞する時間は少なかったものの、老舗温泉旅館に泊まり旅の疲れを癒しながら級友との時間をゆっくり過ごすことが出来ました。最終日は太宰府天満宮を訪れ志望校への合格祈願をした後、博多駅から帰校しました。
今回の修学旅行では大きな怪我人や体調不良者、トラブルもなく全員が無事4日間を過ごせました。参加した生徒にとっては高校生活の貴重な思い出になりました。

大垣市北公園に集合 山田顕義生誕地にて
1日目 ホテルでの夕食 2日目 五島列島・福江港に到着
入村式 3日目  民泊のお別れ会
3日目 ハウステンボスでの自主研修 嬉野温泉 和多屋別荘での朝食風景