News Letter from Brisbane

報告

日本大学 学部フェスティバルを開催しました。 平成28年6月24日

「めざせ!日本大学」
日本大学学部フェスティバルを開催!!

6月24日(金)、本校において、3年生の生徒と保護者を対象に日本大学学部フェスティバルを開催しました。14学部、短期大学部2学科より講師を午後からお招きし、1部・2部の講座と、放課後には希望者(1・2年生含む)を対象に個別相談会を実施しました。講座においては、具体的に学科の特色や入試方法など詳細に説明していただきました。また個別相談会では、質問に対して的確なアドバイスをいただき、参加された方からは「具体的なお話を伺うことができ、大変有意義なものとなりました。」と感想をいただきました。1・2年生対象には3月下旬を予定しております。参加した生徒は、日本大学に対する興味・関心、進学意欲を高めることが出来ました。
日本大学の先生方、ご多忙の中、ご来校いただきありがとうございました。


法学部

文理学部

経済学部

商学部

藝術学部

国際関係学部

危機管理学部

スポーツ科学部

理工学部

生産工学部

工学部

歯学部

松戸歯学部

薬学部

短期大学部 ビジネス教養学科

短期大学部 食物栄養学科
個別相談会の様子
参加された講師の先生方
法学部 岩井 奉信先生 文理学部 杉森 知也先生
経済学部 上村 能弘先生 商学部 松原 聖先生
藝術学部 川上 央先生 国際関係学部 田 哲康先生
危機管理学部 福田 充先生 スポーツ科学部 松原 茂先生
理工学部 田辺 光昭先生
佐藤 信治先生
生産工学部 柏田 歩先生
工学部 佐藤 洋一先生 歯学部 升谷 滋行先生
松戸歯学部 堀畑 聡先生 薬学部 亀井 美和子先生
短期大学部
ビジネス教養学科
川戸 秀昭先生 短期大学部
食物栄養学科
上田 龍太郎先生
生徒の感想(抜粋)
  • 法学部は、the法律!!のイメージがあったけれど、経済やメディアなど様々な方向から学ぶことができることが分かった。入試に関しても、たくさん方法があることを知ったので、興味ある学科・コースを調べてみたいと思った。(法学部)
  • ジェンダー論に興味がわいた。また、自分でいろいろな科目を選んで勉強ができるので、勉強したいことを好きなだけ学ぶことができることが分かった。 (文理学部)
  • 経済はどのように回っているのかについて、資料なども見て、いろいろなことが分かった。自分たちの今ある暮らしの問題を取り上げているところが面白いと思った。(経済学部)
  • 英語が苦手な人が得意になるところがすごいと思った。ティ−チングインターンシップがとても魅力的だと思い、自分が選んだ語学で日本語を教えてみたいと思った。(国際関係学部)
  • 行政キャリアと企業キャリアに分かれていて、幅広い職に就くことができるのはすごいと思った。あらゆる危機について学ばないといけないから大変だと思ったが、警察官になるにはいい学部だと思った。(危機管理学部)
  • 藝術学部は、人を楽しませたり、感動させたいと思う人達のためにある学部なのだと思った。藝術は人に夢を与える産業であり、夢を持っていないといけないと思った。そして、人間にしかできない産業として、そのようなことに関わりたいと思った。(藝術学部)
  • 机の上でただ勉強するだけでなく、体を動かしながら自分のやりたいことができるところや、就職も安心してできるところなど、たくさんの魅力を感じた。(理工学部)
  • 理工学部や工学部などすべて一緒という考えをもっていたが、生産工学部の特徴がとてもよく分かった。就職率98〜100%には驚いた。(生産工学部)
  • 人間の生活に大きくかかわっている学部であることが分かった。敷地が広かったり、医療の負担や食堂、サークルなどとても充実していていいなと思った。LOHASをきっちり理解し、入試に臨みたいと思った。(工学部)
  • 薬剤師になるためには、知識はもちろんのこと、人との関わりも大切で、6年間でたくさんのことを学ぶことが分かった。臨床実習や実務実習などもあり、薬学部に行きたいという気持ちが強くなった。(薬学部)
  • 栄養士と管理栄養士の違いを知ることができた。また、食物栄養学科は就職先も充実していて良いと思った。(短大食物栄養学科)