News Letter from Brisbane

報告

「ふれあいコンサート」in 瑞穂市立中小学校 平成25年6月2日

6月2日(日)、瑞穂市立中小学校のオープンスクールにおいて、本校吹奏楽部・チアリーディング・応援団の総勢70名で「ふれあいコンサート」を行いました。
今年度、瑞穂市立中小学校が創立140周年を迎えるとあって、例年以上に保護者様や地域の方々が体育館に集合されました。
コンサート時間も今までの最長となる90分近くだったため、色々と工夫を凝らし、初めての試みもいくつか取り入れました。その1つに「楽器体験」があります。10cmの水道管を全員に配りトランペットと同じ奏法で鳴らしてみると…。大人でもなかなか音が出ないのに児童のみなさんは簡単にブーブーと音が鳴りビックリ。練習後に全員で吹奏楽に合わせて「カエルの歌」の大合奏を行いましたが、大変素晴らしく感動的でした。
2つ目は「野球応援」を実況中継風にアレンジしたことです。それにより児童4名の応援を行うことができました。5番打者として中小学校の廣瀬先生がユニフォーム姿で登場。会場中が一気に大盛り上がりとなりました。
最後は会場の方々全員と一緒に踊りました。ステージ上のチアが簡単な振り付け指導を行い「世界に1つだけの花」の演奏でダンス。グリッターズのメンバーもステージに上がり楽しく踊れました。(会場の皆様のご協力に感謝申し上げます)
コンサート終了後に、児童のみなさんからお礼の合唱を披露していただき、感動のあまり涙ぐんだ部員も多くいました。素敵な歌をありがとうございました。また、児童代表の挨拶のあと、立派なバラの花束まで頂戴し感謝申し上げます。
後日、児童のみなさん、地域の方々、保護者様の感想文を頂戴し部員全員で読ませていただきました。過分なお褒めの言葉に恐縮しつつ心温まる感想に励まされました。


本番前の最終確認

応援団はにこやかにハイポーズ

吹奏楽部は円陣を組んで本番にGO

9時50分。さーコンサートの開始です。

「当たり前体操」オリジナルネタで会場中が爆笑の渦に。

「楽器体験」 はい、口を「い〜っ」てします。

♪ブーブー  聴いて聴いて、鳴ったよ! やったー!

5番廣瀬先生の満塁ホームランで逆転優勝「野球応援」

校長先生オンステージ。歌のうまさにみんなビックリ!

チアとグリッターズによる振り付け指導

会場全員で「世界に1つだけの花」を踊りました。

PTA会長様と一緒に記念写真。
ありがとうございました。