News Letter from Brisbane

お知らせ

平成24年度日本大学全学文化行事募金目録贈呈及び感謝状授与式に
生徒会執行部の生徒会長 大窪 隼平君(2年)が出席しました。
  平成25年2月18日

募金は、日本大学全学文化行事における本学社会貢献活動の一環として平成19年度から始まり、新潟県中越沖地震や中国の四川大地震など国内外の激甚災害に対して支援を行ってまいりました。
 平成24年度の募金活動においては、「アジア・アフリカ難民の子供たちへの教育支援」をテーマとして活動が行われました。大学生サミットの実行委員が中心となり、各学部での学部祭においての広報活動を中心に行われ、付属高等学校等においても沢山の生徒及び教職員の方々が募金を行いました。
 その結果、全部科校から総額1,249,902円の募金が寄せられました。この金額は、国連UNHCR協会が行う教育支援プロジェクトにおいて、子供1人当たりに必要な予算約2880円から算出した場合、約433人の難民の子どもたちを支援する金額になります。
これらお預かりした募金は、大学生サミットの検討案を基に、日本大学学生生活委員会での協議を経て、今回の国連UNHCR協会へ寄付をさせていただくことになり、平成25年1月31日付けで寄付をさせていただくことになりました。

講演
「青年海外協力隊の活躍〜東日本大震災支援を踏まえて〜」
国際協力機構JICA地球広場 伊藤様
感謝状授与の様子
国連UNHCR協会事務局長 槍森様から大学生代表へ
国連UNHCR協会事務局長 槍森様 国連UNHCR協会の活動紹介報告
国連UNHCR協会事業部 吉田様
出席者全員での記念撮影