News Letter from Brisbane

保護者様へお知らせ

学校感染症(第2・3種)の診断書及び証明書の変更について

 平成30年12月より、従来の「学校感染症(第2・3種)の診断書及び証明書」から 「学校感染症(第2・3種)報告書」に変更となります。また、提出方法も変更となりますので、下記をご参照されて担任までご提出ください。
 ただし、大垣市内の医療機関の実施方法ですので、他地区や他県の医療機関を受診された場合は、この限りではありませんので、各受診機関にお問い合わせください。

従来 ※有料です。(大垣市以外の医療機関)

1.医療機関でインフルエンザ等の感染症と診断
2.学校から学校感染症(第2・3種)の診断書及び証明書」を持参し、医師に記載
3.担任へ提出

学校感染症(第2・3種)の診断書及び証明書の提出について

 以下の疾病は学校感染症の第2・3種の指定されているため、もしこの疾病に罹患され学校を欠席した場合は「公欠」となります。
そのためには標記の「証明書」が必要となります。「証明書」は本校のホームページからダウンロードされるか、または、保健室に取りに来られて、医師による証明を受け、担任の先生にご提出ください。

【学校感染症】
第2種:インフルエンザ、百日咳、麻疹、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核
第3種:コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他医師が認めた疾病

ダウンロード「学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書」
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  Wordのダウンロードは こちら
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  PDFのダウンロードは こちら

新たな方法※費用が掛かりません。(大垣市内の医療機関)

1.医療機関でインフルエンザ等の感染症と診断
2.医療機関に置いてある「学校感染症(第2・3種)報告書」に医師が疾病名に○をつけて、保護者に渡す。
3.保護者がその書類に下記を記載する。

1) 受診した医療機関名    
2) インフルエンザの場合 ・・・ 「医師の診断を受けた日」
  インフルエンザ以外の場合 ・・・ 「医師の診断を受けた日」
      「医師が診察した出席可能日」
3) 出席停止期間    

4.受診を証明できるものを添付(調剤説明書のコピー等、患者名、日付、薬剤名、医療機関名が記入されたもの)
5.担任へ提出

例:インフルエンザの場合

 

ダウンロード「学校感染症(第2・3種)報告書」
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  Wordのダウンロードは こちら
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  PDFのダウンロードは こちら