進路状況

卒業生の声

平成21年度卒業生
平成22年度卒業生の声
平成21年度卒業生の声
平成20年度卒業生の声
平成19年度卒業生の声
 

卒業生からのメッセージ

実した高校生活を振り返って

大垣市・西中学校出身/総合進学コース
日本大学 法学部 政治・経済学科/K.Tさん

僕は大垣日本大学高等学校に入学し、様々な経験をしました。語学研修には2回も行くことができ、海外の人との交流を通して様々な考え方や生き方を学ぶことができました。研修中は自分の意志をうまく伝えられない時もありましたが、先生や友人に助けてもらい、何とか伝えることができました。
学習では先生にとても熱心に教えて頂き、いつも励ましの言葉をかけて頂きました。多くの人に助けて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
また、野球部の人と同じクラスになり、夢に向かって行く覇気に満ちた姿を目の当たりにし、大変まぶしく感じると共に自分には足りないものを多く学ぶことができました。

標をもち続けること

養老郡・高田中学校出身/特別進学コース
日本大学 文理学部 教育学科/M.Kさん

「夢」や「憧れ」とは違い、明確なゴールを設定する「目標」。僕には、高校受験に失敗したあの日から持ち続けている目標がありました。
「誰にも負けない高校生活を送る。」これが僕の目標でした。勉強は勿論のことですが、生徒会長として生徒会活動に全力を注いだ日々は達するのに余り有る程でした。
時には励まし時には叱って、常に進むべき道を示して下さった先生方には大変感謝しています。
これから進路選択をされる皆さん、いつでも目標をもち続けてください。そして、達成し続けて下さい。そうすれば自ずと進むべき道が見えるはずです。さあ、夢に向かって歩み始めましょう。

校生活で見つけたもの

大垣市・興文中学校出身/総合進学コース
日本大学 経済学部 経済学科/K.Kさん

僕は入学直後に実施された宿泊研修で多くの友達ができ、毎日の学校生活が楽しくなりました。
部活動は陸上部に入部し、辛いこともありましたが、先生方や仲間達のお陰で苦しくても勉強や部活動の両立をさせることができました。
大垣日本大学高等学校で過ごした三年間はとても充実した貴重な時間でした。僕にとって一生忘れることがない良い思い出をたくさん作ることができました。今後、高校生活で学んだことを土台として、自分の道を歩んで行こうと思います。

意義だった三年間

瑞穂市立・穂積中学校出身/アカデミーコース
愛知淑徳大学 メディアプロデュース学部 メディアプロデュース学科/A.Fさん

大垣日本大学高等学校で過ごした3年間は本当にあっという間でした。入学した当時は毎日有る7時限までの授業にうんざりしていましたが、いざ卒業となると少し寂しい感じもします。
心から打ち明けられる仲間に出会え、この3年間で仲間の大切さを学ぶことができました。時に不満なこともありましたが、毎日楽しく有意義に過ごせたことを幸せに思います。
3年生は進路のことでたくさん頭をかかえましたが、担任の先生を始め多くの先生方に助けていただき、本当に感謝しています。
卒業しても、ここで学んだことを忘れずに目標に向かって進んで行きたいです。

力すること、支えあうことを学んだ高校

各務原市立・那加中学校出身/アカデミーコース
岐阜市立女子短期大学 国際文化科/K.Mさん

私は三年生になるまで将来の夢がはっきりしていなく、なかなか勉強に身が入りませんでした。しかし、周りの友達や先生方の話を聞き、自分でも将来について考えるようになりました。夢実現の為には、まず学力をつけなければならないと思い、放課後は積極的に先生に勉強を教えてもらいました。途中であきらめなかったのは先生方の熱意や友達の支えがあったからこそだと思います。
私は高校生活を通し、努力すること、そして支え合っていくことの大切さを学びました。
このことはこれから先の人生でも必要となるものだと思います。それを学ばせてくれた大垣日本大学高等学校に心から感謝します。

めたらそこで終わり

揖斐川町立・揖斐川中学校出身/特別進学コース
北陸大学 薬学部/K.Sさん

私には小さい頃から薬剤師になりたいという夢がありました。また、高校で部活もやりたかった。それで勉強と部活動の両立を頑張ろうと思いました。
私はバスケットボール部に所属していました。毎日放課後や休日の練習に取り組み、とても充実していました。しかし、一時期勉強が疎かになり 成績が落ちてしまいました。その時、本当に悔しい思いをし、「もうこんな思いをしたくない!絶対両立させる!!」と決心をし、頑張りました。そして、3年間、見事やりぬくことができました。
一度挫折したからこそといって、そこで諦めてはいけません。そこから、自分がどう頑張るかが本当に大事なことなんだと思います。

めないで努力

横浜市立・六角橋中学校出身/総合進学コース
東海大学 体育学部 武道学科/H.Iさん

私の高校生活は柔道中心の生活であった。寮生活もしていたため、「辛く、忙しかった。」という言葉につきる。しかし、この3年間の生活を終えたことで、「自信」へと変わった。
私は、大垣日本大学高等学校に「県大会優勝、全国大会で勝負する。」という目標で入学した。しかし、なかなか結果が伴わなくて、何度も「やめたい。」と思ったこともある。しかし、支えてくれる部員の仲間がいたから諦めず努力をすることができた。県大会で優勝したものの全国大会では勝負ができなかった。その悔しさは大学で果たそうと思う。
諦めないで努力することが大事です。この学校でしか得られなかったたくさんの財産ができた。

薦入試に挑戦したこと

大垣市赤坂中学校出身/アカデミーコース
兵庫県立大学 環境人間学部 食環境栄養課程/Y.Aさん

私は「食の力で健康に毎日過ごしたい。」という思いから栄養学を専攻したいと考えました。その時、担任の先生が最新かつ豊富な情報を元に兵庫県立大学を薦めて下さいました。オープンキャンパスやホームページなどから情報を得るうちに、この大学が私にとって最良の大学だと確信しました。
そして、合格のチャンスを増やすため推薦入試に挑戦しました。「自分には明確な目標があり、その実現の為にはどうしてもこの大学で学びたい。」という思いは誰にも負けないつもりでしたが、誰にでもその思いを伝える事は予想以上に困難で、何度も志願理由書を書き直しました。その度に本気で自らの目標に向かい合った結果、合格できました。だからこそ自信を持って「私にとって最良の大学に進学できた。」と確信しています。

度の挫折から

大垣市立星和中学校出身/アカデミーコース
早稲田大学 教育学部 数学科/K.Kさん

入学当初、日大高校の制服に腕を通すことがどれだけ嫌だったことか。私は早稲田大学というブランドに魅了され、将来の夢実現のため志望校を早稲田大学に決めた。その後、二年生の終わりから必死に勉強した。特に塾と家庭学習に力をいれ、毎日十二時過ぎまで勉強した。こんなにも自分が勉強できた理由は1度挫折を経験したことと今まで親や先生・仲間に迷惑かけたことで感謝する気持ちが湧いてきたからだ。その気持ちが自分にプレッシャーを与え、「一秒も無駄にできない。」と思い、勉強せざるを得ない環境を作った。そして、合格できた1番の要因は生徒会長を勤めさせて頂いたことだ。初めて手にした合格通知は本当に嬉しかった。今だから、言える。「日大高校に来て良かったと。」

験で得たもの

大垣市立北中学校出身/アカデミーコース
静岡大学 情報学部 情報科学科/K.Sさん

私は一年次から「国公立大学合格」を目標とし、三年間必死で勉強に励みました。入学当初は七限授業が辛かったのですが、くじけそうになる度に目標を思い返し、強い気持ちで乗り越えました。家でも勉強の計画を立て、日々こなして行くうちに自分のペースで学習できるようになりました。 分からない所は先生や友達に聞くことで、その日のうちに解決するようにしました。その結果、定期考査や校外模試では常に上位を維持できるようになり、「国公立大学合格」を達成することができました。
大学受験を経験して、私が一番大切だと思ったことは、「早くから受験に備え、自分の学習ペースを築いて行くこと」です。努力すれば必ず結果はついて来ます。皆さんも自分の夢を叶える為に、充実した高校生活を送って下さい。

らの夢実現の為に

羽島市立竹鼻中学校出身/特別進学コース
立命館大学 国際関係学部 国際関係学科/K.Bさん

私は大学進学に有利な高校を探し、大垣日本大学高等学校に入学しました。
1年生の頃は漠然と大学進学を考えていましたが2年生の時、コース変更をし、勉強が大変になるにつれ、大学進学を考えるようになりました。
私が今の進路を決めたのは出願の1週間前で、実際出願できるか不安でした。ですが、先生方にサポートしていただき出願、合格することができました。
夢を持つこと、そして実現に向けて努力することで前に進むことができます。私は留学するという夢がある為、日々朝鮮語を勉強してきました。それが今回の大学合格につながりました。夢の為に努力することを怠らないで下さい。

間の存在

大野町立大野中学校出身/アカデミーコース
岐阜大学 教育学部/S.Hさん

私は、高校受験で第一志望校に行けなかったので、「大学受験では絶対に志望校に合格したい。」と思っていました。しかし、計画を立てても思うように進めることができず、模試の点数も上がらず、焦りが募るばかりで勉強が何度も嫌になりました。そんな時、目標に向かって努力している仲間がいました。その姿を見て、私は「自分はまだまだ甘い、これではだめだ。」と感じ、「もっと頑張らなければ」と自分に厳しくなりました。その結果、志望校に合格することができました。
私はこの高校で、「受験は一人でするものではない。」ことを学びました。互いに高め合い、励まし合える仲間がいるからこそ乗り越えられるものだと思います。仲間に感謝しています。

日を楽しんで

大垣市立星和中学校/アカデミーコース
岐阜大学 工学部 応用情報学科/T.Tさん

僕は高校受験に失敗して大垣日本大学高校に入学しました。初めはやる気も出ず勉強にも力が入りませんでした。
学年が進むにつれ勉強も難しくなり、また、進路のことも考えなければならなくなり辛い時期もありました。しかし、「国公立大学に絶対に行きたい。」と考えていたので必死に勉強をしました。すると続けるうちに学習内容が理解できるようになりだんだんと楽しくなってきて、模試の点もどんどん上がってきました。センター試験や入試の前も緊張して逃げなくなりました。「ここまで努力してきたのだから、そんな状況を楽しもう。」と思うと緊張もとれてきて楽になりました。
皆さんもどんなに辛くてもそれを楽しんでください。この世は楽しんだ者の勝ちですよ。

念で勝ち取った合格

大垣市立星和中学校/アカデミーコース
三重大学 工学部 機械工学科/T.Yさん

私は入学当初、高校受験に失敗し、悔しい日々を過ごしていた。しかし、このままで終わりたくないと思い、「国立大学に進学する。」と決心した。「絶対に国立大学に合格する。」と心に誓いを立て、まずは情報を集めることから始めた。六大学のオープンキャンパスに参加し、各大学の研究内容と入試制度を徹底的に調べた。その結果、二年生までに志望大学を絞り込むことができ、また、受験は学力だけでなく意欲も判定材料となるAO入試に挑戦することを決意した。面接試験対策のために他大学には無い、志望校の独自色を調べて教授に電話で質問した。このようにしっかりと準備した上で、担任の先生等と面接練習重ねて実践力を養った。その結果、三重大学に合格を果たした。高倍率の難関入試であったが、それが全てではないので自分に有利な方策を探して欲しいと思う。皆さんも妥協せず勇気を持って出願し、健闘してほしい。

垣日大ありがとう

金沢大学 人間社会学域 経済学類/アカデミーコース
大野町立大野中学校/Y.Yさん

私の高校生活、特に三年生になってからはほぼ勉強した思い出しかありません。来る日も来る日も勉強づけでしたが、それを嫌だと思ったことはありません。夢、目標があったからです。夢や目標を持つことは努力することへの原動力となります。これは勉強に限らないことだと思います。行き詰ったときは、もう一度自分の夢を再認識してみて下さい。そうすれば、自分のやるべきことが見えてくるのではないかと思います。
そして、もう一つの原動力となったのは友人であるのと同時にライバルでもあります。私は友と励まし合い競い合うことで受験生活を乗り切ることができました。
最後に、今自分が努力できる環境への感謝も忘れないで下さい。